現在、日本代表スタッフはサンフレッチェ広島の先輩方が着任しています。

選手時代に多くを学ばせていただいた諸先輩方がサッカー日本代表監督とコーチングスタッフで活躍されています。諸先輩方から学んだことを子どもたちへフィードバックを行い選手育成を第一に活動していきます。

 また、各年代の代表のカテゴリーでも一緒にプレーした先輩や同期の皆様が監督やスタッフとして世界と戦っています。子どもたちを育成してレバンテ大阪から多くの選手が世界の舞台で活躍してくれることを期待します。

 

2019年

3月

16日

教え子たち

教え子たちがどんどんプロの世界に入っていくのはとてもうれしい反面、厳しいプロの世界に入って頑張れるか心配です。

プロになれる選手は全体の一握りの選手しかなれませんが、更にその中で生きていくことはすごく難しいのです。

やはりやるのであれば息の長いいい選手になってほしいものです。

 

現在行っている育成方法は間違っていないと改めて感じました。

早くレバンテの卒業生からプロが生まれないかな?

現象学生が高卒や大卒でチームに入ったとしてもあと何年後になるのでしょうか?

最短(高卒で)でもあと4年以上かかるなぁ(笑)

 

前所属チームでの監督時の主な教え子たち(4年間)

 

☆1年目(現30歳)

○木下雄貴(帝京三高~元ザスパ草津)

○藤春廣輝(東海大仰星高~大体大~ガンバ大阪)

 

☆2年目(現29歳)

○桜内渚(作陽高~関西大~ジュビロ磐田)

 

☆3年目(現28歳)

○登里享平(香川西高~川崎F)

 

☆4年目(現28歳)

○無し

 

☆その他(学年担当コーチ・GKコーチ時代)

○日比康順(セレッソ大阪ユース~サッカーカレッジ~元横浜FC)

○東良太(U-15日本代表GK ガンバ大阪ユース~関西学院大学)

0 コメント